東京のパーティーの数

圧倒的な、東京のパーティーの数

東京の人間は、パーティーに慣れている

東京の人間は、パーティーというシチュエーションに慣れている人は慣れ過ぎているといえます。それだけ、東京でパーティーを主催する日程や数が多いということになるでしょう。

一般人でもパーティー慣れしている人はいるもので、365日のうち300日近くは何らかのイベントに顔を出しているつわものもいるほど。

そうなると、昼夜となくフォーマルを着こなす機会も多く、夜のドレスコードであるタキシードを着ることも多くなることは想像できるでしょう。場を重ねると、他人がどう思っているか、他人にどう評価されているかは気にならなくなるようで、自分がこうだと思った着こなしができ、自分なりの個性が確立されるというのです。

1日のパーティー数を見ても、個人レベルのものから公のものまで、何千件、何万件という、大小数えきれないほどですから、やはり、人口の多さと比例しているということでしょう。

ある程度のセレブ層が集まるイベントには、必ずといって変な恰好はできません。昼夜通じて、フォーマルという形での出席は余儀なくされますから、このように場数を踏んでいる人たちは、もはやレンタルではなく、オーダーメイドで何着もフォーマルを持っているはずなのです。

3a0e8d7f6cbd0013be04744f4c13f4bd_s

パーティーの数が多いと、何かのチャンスも大

数ある、東京で開催されるパーティーの中には、リムジンの中やクルーズの中で行われたりするような、とても普段着では不釣り合いな場所でのパーティーがあります。そこへ参加しようと思えば、男女ともにそれなりのフォーマルで決めた格好をしなければならないでしょう。

東京のパーティーの数が多いということは、レベルもピンキリだということです。自分をあえて奮い立たせるためには、フォーマルで参加する場所への挑戦もたまには必要でしょう。違う世界を見ることができるかもしれませんし、自分を高めてくれる出会いが待っているかもしれません。いずれにしても、パーティーの数が多いと、何かのチャンスも多いということでしょう。